株式会社熊木住建(イチノイエ) (長野市)

☎026-285-0390

長野市 / T邸 / 夫、妻、長男

視線と光を通す、キッチンが主役の住まい

 結婚当初から家づくりに憧れを抱いていたというTさんご夫妻。子どもの成長とともに収納の少なさや遊ぶのに十分な広さがないことに不便さを感じるようになり、住宅展示場などを見て回り始めた。
 熊木住建との出会いは、近所で開催されたモデルハウスの見学会。その住まいに足を踏み入れた瞬間、無垢の素材の良さを実感したという。さらに、以前からかっこいいと思っていた家が熊木住建で建てたものと知り、「ここなら希望が叶うかも」と資金セミナーへ参加。「自分たちの暮らしを考えた土地の提案や、ふんだんに使った自然素材。そして何よりスタッフの親しみやすさが決め手になりました」と、熊木住建に依頼を決めた。

 「テイストが好みなことは分かっていたので、要望を伝えてあとはお任せしました」とTさん。玄関ホールの正面に見えるキッチンは、レッドシダー貼りの下がり天井でナチュラルモダンを演出。料理好きな奥さまの希望で、木目の背面収納を合わせている。無垢材の温もりが漂うLDKの一角に設けた畳スペースもこだわりのひとつ。玄関は広目に取り、コートや自転車もしまえる土間収納も備えた。

 斬新さが欲しかったという外観は「想像以上!」とにっこり。「スタイルはかっこよく。だけど暮らしやすさも大切にしました」とTさん。「広くなったキッチンで、子どもの大好物のカレーやグラタン作りに腕をふるいたい」と奥さま。前より格段に広くなったリビングには滑り台を置く予定だそうで、お子さんが元気にはしゃぎ回る姿が見られそうだ。

(ナガノの家 2018年秋・冬号 vol.10掲載)

レッドシダー貼りの下がり天井が印象的なキッチン。白い引き戸の向こうは水回りで、1階の北西に家事エリアを集めて動線を短く。白いシステムキッチンに木目というナチュラルテイストな組み合わせは奥さまの希望

詳細データ

  • 竣工年月/ 2018年 3月
  • 所在地/長野市
  • エリア/長野
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 113.44㎡ ( 34.31坪 )
  • 1F/ 62.93㎡ ( 19.03坪 )
  • 2F/ 50.51㎡ ( 15.27坪 )

平面図

特徴

  • デザイナーズハウス
  • 省エネ・エコ
  • 高気密・高断熱
  • 子育て世代の家
  • 自然素材
  • キッチンにこだわり
  • インテリアにこだわり
  • バス・トイレにこだわり

長野県の住宅工務店