ブルースジャパンMIYATA/宮田工業 株式会社 (長野市)

☎026-285-6061

長野市 / 長野市/K邸 / 夫、妻、長男、長女、次女

時代を超えて受け継いだ アンティーク家具を楽しむ色彩豊かな家

奥さまが選んだペイントやタイルを背景に、
両親から受け継いだアンティーク家具が映える家。
思い出の家具と共に、新しい思い出が刻まれていく――。

 ご両親が集めるイギリスのアンティーク家具やアートを身近に育った奥さま。ご自身の住まいでもヨーロッパのような雰囲気を思い描き、工務店選びはデザイン性を重視した。ご夫妻で10社以上回ったが、「デザインが気に入っても予算で断念することも多くて。宮田工業は輸入住宅のような家が自由設計でできるうえ、価格も良心的でした」とご主人。依頼の決め手は、担当の村山さんの真摯な対応だ。「妻の妊娠もあり、工務店決定に3年以上かかったんです。その間ずっと気にかけて、連絡をくれたのは村山さんだけ。信頼できると感じました」。
 室内に入ると、奥さまが選んだタイルや塗装の豊かな色彩と素材感、そこに調和する重厚なアンティーク家具に目を奪われる。家具の多くは奥さまのご両親から引き継いだもの。あらかじめ配置を考えて間取りを決めたため、空間にしっくりとなじんでいる。古いドレッサーを洗面台に生まれ変わらせたり、奥さまが幼い頃使っていたデスクを息子さんが引き継いだりと、本当に良いものは時代を超えて受け継がれることを教えてくれる。
 LDKで印象的なアーチ状の壁は、「空間はつなげたいけれど、キッチンはポップに、リビングは落ち着いた空間にと雰囲気を変えたい」という奥さまの希望から設計。動線も工夫し、玄関から洗面室、キッチンと行き止まりなく回遊する動線や作業台中心のオープンキッチンなど家事効率は抜群。思い出の家具と共に、家族の成長を見守る住まいだ。
(ナガノの家 2017年秋・冬号 vol.8掲載)

アーチの壁で空間をゆるやかに分けたLDK。キッチンは南フランスをイメージして明るくポップに、対してリビングはイギリスアンティーク家具が主役の落ち着いた空間と雰囲気を変えている。床材も、無垢フローリングと水拭きしやすいテラコッタ風タイルに貼り分けてメリハリをつけた。1階の天井高は、ご主人の希望で通常より30cm高くしてゆったりと。キッチンは壁付けカウンターでスペースを節約し、ダイニング側に木製チェストを作業台として設置

詳細データ

  • 予算/2,001~2,500万円
  • 竣工年月/ 2014年 7月
  • 所在地/長野市
  • エリア/長野
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 114.27㎡ ( 34.57坪 )
  • 1F/ 58.79㎡ ( 17.78坪 )
  • 2F/ 55.48㎡ ( 16.78坪 )

平面図

特徴

  • 輸入住宅
  • 庭にこだわり
  • ウッドデッキテラスあり
  • オール電化
  • 地震に強い
  • 高気密・高断熱
  • 子育て世代の家
  • キッチンにこだわり
  • インテリアにこだわり

長野県の住宅工務店