株式会社HARU建築工房 (安曇野市)

☎0263-78-5224

安曇野市 / M邸 / 夫、妻、長女

山小屋風に和テイストを。自然素材に包まれ過ごす家

 LDKの真ん中で存在を主張する、太いヒノキの梁とイチイの柱。薪ストーブを据えた土間とともに、家の印象をつくり上げている。このヒノキとイチイ、建築業を営むご主人が自分で切り出したものという。

 「仕事柄、木の扱いは慣れているので、薪ストーブを置いても楽しめそうだなと」。マイホームを考えた時、自然素材をふんだんに使うHARU建築工房が候補の一つに。ご主人の同級生ということもあり「いろいろわがままを言いやすそうだし(笑)」、他社とも検討した上で家づくりのパートナーに選んだ。

 思い描くイメージは、木をたっぷり使った山小屋風。そこにご主人好みの和のテイストを加えた。間取りを考えたのは主に奥さま。将来を考えて1階だけで生活できるよう、2階の住空間は最小限にした。風水に基づいて水回りを配置するなど、希望もきちんと取り入れてもらった。「無垢床の感触が、冬でも温かくて心地いい。キッチンはゆったりして使いやすいですね。以前より広くなったので、やることは多くなったけど、動線もいいので家事は苦になりません」。

 床下エアコンによる全館暖房や、室内干しの伸縮ワイヤー、職人による造作家具など、うれしい提案も次々とあった。しかし本当の家づくりは始まったばかり。Mさん家族がみんなで新しい色に変えていく。(ナガノの家 2019年 春・夏号 vol.11掲載掲載)

吹き抜けと掃き出しの大きな窓からたっぷり光が入るLDK。ヒノキの床、スギの天井、そして柱や梁だけでなく、TVコーナーのデザインまで、木のぬくもりに満たされている空間。木部の塗装はご主人も手伝ったという

詳細データ

  • 竣工年月/ 2018年 11月
  • 所在地/安曇野市
  • エリア/松本
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 133.31㎡ ( 40.33坪 )
  • 1F/ 96.88㎡ ( 29.31坪 )
  • 2F/ 36.43㎡ ( 11.02坪 )

平面図

特徴

  • デザイナーズハウス
  • ガレージあり
  • オール電化
  • 地震に強い
  • 暖房にこだわり
  • 省エネ・エコ
  • 高気密・高断熱
  • 子育て世代の家
  • 自然素材
  • 国産・県産素材
  • キッチンにこだわり
  • 収納にこだわり
  • 吹き抜けあり

企業情報

長野県の住宅工務店