飯島建設株式会社 (長野市)

長野市 / N邸 / 夫、妻、長女、長男

経年変化の美を楽しむ、勾配天井の大空間LDK

 ご主人の実家近くに土地が見つかったことから新居計画が一気に進んだNさんご夫妻。目指したのは、日本の伝統美を取り入れた木造モダニズム。1階の床材は、使うほどに味わいが増す無垢のアジアンブラックチェリー。天井にはラワン合板。ウッドデッキにつながるリビングダイニングの大きな窓には雰囲気に合わせて木製サッシをオーダーするなど、木の風合いを生かした住まいになっている。

 吹き抜けのあるリビングにアクセントを与えるのは、畳コーナーやカウンターデスクと一体化したオープン階段。「経年変化を楽しみたいので大黒柱はあえて塗装していません」とご主人。10年、20年経っても飽きることなく過ごせる家にしたいと天井やクロス、床の色を合わせ、統一感ある空間をつくり上げた。

 キッチンは隣の庭を借景にできる壁付けスタイルだが、子どもと一緒に料理が楽しめるアイランドの作業台を設置し、ダイニングとキッチンをゆるやかに分離。浴室や洗面室などの水回りをキッチンの横にまとめた、効率的な家事動線も嬉しい。窓を開ければLDKとひと続きに見えるガーデンテラスは、「テーブルやイスを置いてランチやお茶を楽しむアウトドアリビングとして使いたい」と奥さま。光をたっぷり取り込みつつ、大好きなアンティーク家具が似合うモダンな住まいが出来上がった。


(ナガノの家 Vol.13 2020年 春・夏号掲載)

玄関から入るとすぐに迎えてくれるのは、勾配天井を生かした吹き抜けのリビング。「子どもが2階にいても声や気配を感じられる」というリビングを見下ろす吹き抜けの窓は、光を通す障子で仕切っている。ダイニングとキッチンは、リビング側から見えにくいよう斜めに配置

詳細データ

  • 予算/3,001~3,500万円
  • 竣工年月/ 2019年 10月
  • 所在地/長野市
  • エリア/長野
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 152.22㎡ ( 46.04坪 )
  • 1F/ 87.70㎡ ( 26.53坪 )
  • 2F/ 64.52㎡ ( 19.51坪 )

特徴

  • ウッドデッキテラスあり
  • 省エネ・エコ
  • 高気密・高断熱
  • 子育て世代の家
  • キッチンにこだわり
  • 吹き抜けあり

企業情報

長野市

飯島建設株式会社

長野県の住宅工務店