飯島建設株式会社 (長野市)

長野市 / T邸 / 夫、妻、夫の母

モダンで上質な寛ぎ空間 夢を叶えた二世帯住宅

 結婚を機に実家を建て替え、1階にお母さま、2・3階に子世帯が住む、玄関から完全分離の二世帯住宅を新築したTさん。実はご主人は、自社の家を知り尽くした飯島建設の営業マン。たくさんの住まいづくりに携わってきた社員が挑んだマイホームは、同社が今力を入れている「デザイン」に徹底的にこだわった。
 ヒントになったのは、イタリアのデザイナーズ家具「カリガリス」のダイニングテーブル。「テーブルが似合う家にしたい」と考え、内装はモノトーンを基調にしたモダンデザインに。お母さまと夕食を共にしたり、親戚や友人が集まることも多い子世帯のLDKは空間を贅沢に使い、フラットにつながるバルコニーで広がり感を演出。「大きな窓と吹き抜けで思い切り光を取り込み開放感を出しました。高気密・高断熱で、冬でも室内はしっかり暖かいのも特長です」とご主人。家族のため、漆喰壁や無垢の床など自然素材も取り入れ、家事がスムーズにできる動線にも配慮。子ども部屋を2部屋に仕切れるよう入口を分けたり、洗面化粧台を広くしたり、将来への備えも万端だ。
 お母さまが住む1階は、全ての機能がワンフロアに収められた使いやすい間取り。モダンな子世帯とは対照的に、お母さまの大好きなピンク色をキッチンや浴室に取り入れ、愛らしくも落ち着いた雰囲気に仕上げた。二世帯がのびのびと暮らせ、愛する家族への思いがたっぷり詰まった二世帯住宅。家族全員が笑顔になれる自慢の新居になった。(ナガノの家 2018年春夏号 vol.9掲載)

2階子世帯の吹き抜けダイニング。オープン階段とキッチン背面の壁面は刷毛のムラを出した塗装仕上げ。モノトーンな空間のアクセントになっている

詳細データ

  • 竣工年月/ 2017年 11月
  • 所在地/長野市
  • エリア/長野
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 216.94㎡ ( 65.62坪 )
  • 1F/ 91.91㎡ ( 27.8坪 )
  • 2F/ 68.93㎡ ( 20.85坪 )

平面図

特徴

  • デザイナーズハウス
  • 地震に強い
  • キッチンにこだわり

企業情報

長野市

飯島建設株式会社

長野県の住宅工務店