株式会社 オオサワホーム (松本市)

☎0263-26-4485

山形村 / F邸 / 夫婦2人+子ども3人

木+鉄とのハイブリッド構造で、柱のない広々としたリビングを実現。

 木と鉄を組み合わせたハイブリッドの梁を用いる、パナソニックのオリジナル工法・テクノストラクチャーの住まい。入念に構造計算され、鉄骨やRC構造でないと難しいといわれていた広スパンのプランも可能にした木造住宅だ。
 そんな工法がもたらす、開口部や吹き抜けといった自由度の高さを存分に活用したのがF邸のLDK。招かれた多くの人が感嘆の声を上げるだろう広さを実現した。リビング入口からキッチンの奥までは約7m、そこから奥行は約5m、さらに天井の高さは2・7m。柱を設けずに広い空間が出せるのも、同工法の強みが体感できる、F邸一番の見せ所だ。
 「とにかく広々としたリビングにしたかった」というご夫妻。壁面には石張りやツヤのあるベネチアンタイルを施し、天井にはシャンデリアと華やか。真っ赤なソファもベストマッチで、インテリアへのこだわりが伺える。フルオープンにしたキッチンが空間の広がりをさらに大きく見せ、LDKからつながる洗面所、浴室など水回りとの回遊性も便利。中央にはファミリークロークを設け、家族5人のグッズがたっぷり収納できる。
 施工業者選びの決め手のひとつが「誠実さ」と話すご夫妻。「現場から出る廃棄物の分別ひとつ取って見ても、『この会社なら良い仕事をしてくれるはず』と思っていましたがその通り。100%満足のいく家ができました」とご主人。今後はウッドデッキを造る予定で、「家の外も中も楽しめる家にしていきます」と語ってくれた。(ナガノの家 2014年秋・冬号 vol.2掲載)

柱のない大空間を実現したLDKは、約22畳の広さ。南からは自然光が部屋中に降り注ぎ、白い空間をさらに明るく照らし出す。真っ赤なソファの背面にある天然石張りの壁やフルオープンキッチン、天井のシャンデリアがいっそうゴージャスな雰囲気に

詳細データ

  • 所在地/山形村
  • エリア/長野
  • 階数/2階
  • 工法/その他工法
  • 延床面積/ 143.26㎡ ( 43.41坪 )
  • 1F/ 78.67㎡ ( 23.84坪 )
  • 2F/ 64.59㎡ ( 19.57坪 )

平面図

特徴

  • 地震に強い
  • 省エネ・エコ
  • 高気密・高断熱
  • 子育て世代の家
  • キッチンにこだわり
  • 収納にこだわり

長野県の住宅工務店