株式会社 アスピア (松本市)

☎0263-32-8890

松本市 / K邸 / 夫、妻、長女、長男

家中どこにいても暖かい、高性能な県産材の家

 キッチンの真正面、ダイニングに面した幅も高さも大きい窓から見えるのは、のどかに広がる田園風景。昔から当たり前のように見ていた眺めを、家族と一緒に我が家から見られることに幸せを感じるKさんは、長女の進学を機にこの地元に腰を据えようと決めた。そんな話を聞くと、四季を感じられるこの眺めが、いつまでもKさんご一家のものであるように…と願いたくなる。

 アスピアとは仕事上でつながりがあったというKさん。普段からよく知る職人たちという安心感もあり、最初から「アスピアの家を」と考えていた。床下エアコンと第一種熱交換換気システムを組み合わせた全館空調や、県産材を使って県の「環境配慮型住宅助成金」を取得するなど、予想以上の提案がいくつもあり、プランニング中にいっそう同社の住まいづくりの姿勢に共感したという。

 「子どもたちが元気になりましたね」と話すのは奥さま。今までの住まいでは我慢させることも多かったというが、今ではのびのびと家の中を飛び回る。設計担当者と直接話せるアスピアだからこそ「たくさん無理を言い、ふたりのこだわりを詰め込みました」という住まいには、奥さまの“決意”も反映されている。「棚があったりすると、つい物を置いてしまい、積み上がってしまう…」という今までの暮らしグセを、この際キッパリ変えようと決心。収納はすべて隠し、物を置ける場所が表に出ないように徹底した。シンプルとゆとりを実感できる新しい住まいは、家族のライフスタイルまでも一新させている。
(ナガノの家 2019年 春・夏号 vol.11掲載掲載)

ここまで開放的な吹き抜けなのに、優れた断熱性能と空調システムで暖かさを逃さず快適そのもの。「小さい窓をたくさん付けたかった」と話す奥さまの希望に添って設けた4カ所の小窓は、すべて開閉できる。TV下のオーディオラックは、掃除がしやすいフローティングタイプ

詳細データ

  • 竣工年月/ 2018年 10月
  • 所在地/松本市
  • エリア/松本
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 131.66㎡ ( 39.83坪 )
  • 1F/ 64.59㎡ ( 19.54坪 )
  • 2F/ 67.07㎡ ( 20.29坪 )

平面図

特徴

  • オール電化
  • 省エネ・エコ
  • 高気密・高断熱
  • 子育て世代の家
  • 国産・県産素材
  • キッチンにこだわり
  • 吹き抜けあり

長野県の住宅工務店