合同会社haco+ (伊那市)

飯田市 / K邸 / 夫、妻、長男、次男

風土と共生し、好きなものに囲まれた「心地いい」住まい

豊かな時間を生み出す
自由設計の家

 大きな窓から穏やかな陽光が降り注ぎ、吹き抜けを介して心地よい風が通り抜けるK邸。ふんだんに用いた無垢材が光を優しく拡散し、美しい自然の陰影を生み出している。

 新築にあたり、好みの空間やアイデアを探してはイメージを固めていた奥さま。「何棟ものモデルハウスを見ましたが、素材やディテールなど私のこだわりが強く、規格化された住宅でその夢は叶わないと思いました。そこで自由設計での家づくりを考えるようになったんです」。

 設計を依頼したhacoプラス・白鳥さんとの出会いは、K邸でも取り入れている放射冷暖房ヒーター「PSパネル」がきっかけ。その後、白鳥さんから提案された間取りを見て、「これだ!」と直感したという。「玄関を入ってすぐの場所に設けられた寝室とクローゼットが一番のポイント。家事動線が良くて1階で生活が完結できる、いい意味でコンパクトな設計がひと目で気に入りました」。

 家の中央には開放的な吹き抜けのリビングが。2階とのつながりを持たせることで、家中どこにいても幼い子ども達の気配を感じることができる。南側のL字型のデッキも広がりを感じさせるポイント。広々とした物干しスペースとして、また、内部空間と連動したくつろぎの空間として、多様な使い方ができるのも魅力だ。

************************
CM方式で実現した
満足度の高い家づくり

 一方で、hacoプラスが大事にしているのは、それぞれ違う住まい手の希望に柔軟に応えつつ、住まい全体を「心地よさ」で満たすこと。床や天井には無垢材をふんだんに用い、家具や建具もひとつひとつオリジナルで造作。断熱性能や暖房計画を配慮し、最も効果的な場所にPSパネルを配置する設計も、過ごしやすい室内環境へとつながっている。

 さらに「自分の家は自分でつくる」という意識が高かったご夫妻にとってメリットだったのは、同社がCM(コンストラクション・マネジメント)管理を採用していたこと。これは、同社が設計、発注、施工のマネジメント業務を中立の立場で担い、施主が各専門業者に直接工事を発注できる方式。「業者とのダイレクトな関係を築ければ、高い透明性のもと適正価格の家づくりができます。お施主さま自らが主体的に関わることで、納得のいく住まいに仕上がるんじゃないでしょうか」と白鳥さんは話す。

 「穏やかな笑顔の白鳥さんには何でも相談しちゃいました。女性ならではの目線もあり、話しやすかったことも満足のいく家づくりにつながりました」と奥さま。モールテックスを用いたキッチンや照明器具など、奥さまが選んだスタイリッシュなアイテムが映える居心地のよい空間に、Kさん一家の幸せな笑顔があふれている。(ナガノの家 Vol.13 2020年 春・夏号掲載)

東側の上下に備えられた大きな開口部からは周囲の緑や遠く広がる山の峰々を見渡せ、暖かな光とともに南信州の豊かな自然を取り込んでいる。リビングとダイニングをゆるやかにゾーニングするのは「除湿型放射冷暖房PSパネル」。温風を起こさない柔らかな暖房と優れた除湿機能を持ち、四季に応じて室内を自然に近い快適さに保ってくれる

詳細データ

  • 竣工年月/ 2019年 8月
  • 所在地/飯田市
  • エリア/飯伊
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 133.31㎡ ( 40.27坪 )
  • 1F/ 86.94㎡ ( 26.26坪 )
  • 2F/ 46.37㎡ ( 14.01坪 )

平面図

特徴

  • ガレージあり
  • ウッドデッキテラスあり
  • オール電化
  • 暖房にこだわり
  • 高気密・高断熱
  • 子育て世代の家
  • 吹き抜けあり

企業情報

伊那市

合同会社haco+

長野県の住宅工務店