リフォームワン株式会社 (上田市)

☎0120-82-0440

小諸市 / 丸山邸 / 夫、妻

美しい建具や古材を活かしたどこか懐かしく味わい深い住まい

 埼玉に居を構え生活していた丸山さんご夫妻。定年退職を機に生まれ育った小諸に帰り、先々代から受け継いできた古民家を再生して故郷でのセカンドライフをスタートさせた。「この家は母が守り、渡してくれた住まい。朽ちてしまうんじゃないかと心配していましたが、こんな素敵に生まれ変わらせてもらえて、少しは親孝行ができたかな」とご夫妻は声を揃える。
 明治期に建てられた築100年の旧家は、かつての養蚕農家。「当社が手がけてきた古民家の中でも一番といっていいくらい」とリフォームワンの山﨑社長が言うように、自分の家の山から切り出してきた木を使った力強い柱と太い梁が自慢の家だ。しかし先代のリフォームでは水回りの不具合を修繕する程度だったため、せっかくの空間の広がりを生かせず、本来の趣ある姿は失われていた。
 今回ご夫妻がこだわったのは「古いものの再活用」。家そのものはもちろん、歴史を経た調度品も取り入れたいと考えていた。そこで奥さま自ら間取り図を作成。「埼玉で愛用していた家具と旧家に残された古道具の中で使いたいものを選定し、サイズを測って間取り図に落とし込みました」。
 この図面をベースに打ち合わせを重ね、設計プランを作成。障子や板戸などの古い建具は修繕&再利用し、築100年の深い味わいを残しながら、快適に暮らせる住まいへと一新させる工事が進められた。

*********

 普段の生活はふたりだけということから、間取りでは生活のしやすさを重視。廊下で分断されていたキッチンと和室をひと続きにした広いLDKが、生活の中心だ。柱の補強や制震ダンパーの設置、断熱材などの施工で耐震性・断熱性を向上させ、床の段差も解消するなど、これから安心して住み継ぐための対策にも抜かりはない。
 毎日使う浴室や洗面台、システムキッチンは最新機能のものを導入。住まいが持つ思い出や佇まいはそのまま保ちながら、スムーズな動線と機能性を確保し、快適さと暮らしやすさを実現した。
 建具の移設や茶室、水屋の造作など、「“注文の多い施主”だったんじゃないかしら」と奥さまは言うが、職人気質の棟梁が見事に応えてくれたそう。「現場のみなさんが本当にいい方ばかりで、期待以上のものに仕上げてくださり、思った通りの家ができました」。信頼できる対応に加え、事務所と自宅との距離が近いことも業者選びの決め手になったがこれも正解。「今でも電話をするとすぐに駆けつけてくれるので、これからもずっと安心です」。
※リフォーム面積/1F:142.42㎡(43.1坪)、2F:105.99㎡(32.1坪)
(ナガノの家 リフォームリノベーション 2018-2019 vol.2 掲載)

明治期に自分の家の山から切り出してきた木材を使って建てられたという丸山邸。今回が2度目の改修となったが、白壁に瓦屋根、長い縁側など、日本家屋らしい純和風の面影が生かされている。玄関前と縁側は床板を長野県産のスギ材に張り替え。優しい足触りと重厚な色合いが古民家になじむ

詳細データ

  • 予算/2,501~3,000万円
  • 竣工年月/ 2017年 5月
  • 所在地/小諸市
  • エリア/上小
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 248.41㎡ ( 75.2坪 )
  • 1F/ 142.42㎡ ( 43.1坪 )
  • 2F/ 105.99㎡ ( 32.1坪 )

平面図

特徴

  • 地震に強い
  • 省エネ・エコ
  • 自然素材
  • 国産・県産素材
  • キッチンにこだわり
  • インテリアにこだわり
  • 収納にこだわり
  • 本格和室あり
  • 趣味スペースあり

長野県の住宅工務店