水野建設有限会社 (長野市)

☎026-284-0696

中野市 / N邸 / 夫、妻、長男

仕切りのないフラットな空間で、 親子がのびのび暮らせる家。

 検討した企業は数十社、毎週見学会に通い自ら図面まで引いたというNさん。最終的に依頼したのは、軽いフットワークで密に連絡を取ってくれ、思いをカタチにしてくれると確信した水野建設だった。

 「家族が一緒に過ごす時間を大切にしたい」と希望したN邸の特徴は、仕切りを最小限にしたがゆえの広々空間。5.6mの天井高の吹き抜けが、一層の開放感を与えてくれる。LDK西南側に設けた客間は、普段は引き戸を開けて子どもが遊べるフリースペースに。リビング階段で2階に上がった先にも、寝室からつながったファミリースペースが広がる。「我が家を“ひとつの空間”にしたいと思って。子ども部屋も一応あるけれど、そこはきっと寝るだけ」と奥さま。グルっと回遊できる大きなひとつの空間の中で、「家族一緒の時間を大切に過ごしたい」というご夫妻の思いが込められている。

 さらに構造面でもこだわりが光る。SW(スーパーウォール)工法で耐震性・耐久性を高めただけでなく、C値0.18c㎡/㎡、UA値0.4W/㎡・Kと、北海道基準を超えた気密・断熱性を実現。エアコン1台で全館の暖房をまかなえる省エネ設計だ。「風通しも計算してもらったから、いい風が入るんです」とご主人も満足そう。健康にもお財布にもやさしく、家族が仲良く住み継げる住まいが完成した。
(ナガノの家 2017年秋・冬号vol.8掲載掲載)

床だけでなく、壁にもパインの無垢材をふんだんに使ったリビングは、まるで山小屋のような温もりがいっぱい!次第に色濃くなるという経年変化も考慮して、建具の色はダークカラーに決めた。「着工まで半年、メールは500通近くやり取りしました。知らなくて損したくなかったから、契約後も他社の見学会に行って勉強したり。おかげでイメージ通りの家ができました」とNさん

詳細データ

  • 竣工年月/ 2017年 4月
  • 所在地/中野市
  • エリア/北信
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 99.36㎡ ( 30.05坪 )
  • 1F/ 52.99㎡ ( 16.03坪 )
  • 2F/ 46.37㎡ ( 14.02坪 )

平面図

特徴

  • オール電化
  • 太陽光パネルあり
  • 地震に強い
  • 長期優良住宅
  • 省エネ・エコ
  • 高気密・高断熱
  • 子育て世代の家
  • 自然素材
  • 国産・県産素材
  • インテリアにこだわり
  • 収納にこだわり
  • 趣味スペースあり
  • 吹き抜けあり

企業情報

長野県の住宅工務店