グリーンホーム/石田建設株式会社 (駒ヶ根市)

☎0265-83-4151

宮田村 / S邸 / 夫、妻、長男

自然素材の温もりと 暮らしを彩る土間のある家

 奥さまの「犬が飼いたい」という声をきっかけに、家づくりを考え始めたSさんご夫妻。ちょうど開催されていた先輩宅の完成見学会に足を運んだのが石田建設との出会いだった。無垢材の美しさに加え、珪藻土など自然素材の優しさ、清々しさに強く惹かれ、家づくりを依頼することに。時を同じくして奥さまのお腹に新たな命が宿っていることもわかり、大きな喜びとともに具体的に家づくりが進むこととなった。
 間取りで一番こだわったのが「土間」の配置だ。「当初は庭に面する土間をイメージしていましたが、プランをいくつか提案してもらう中で家の中心に土間を据えるのもいいんじゃないかと考えるようになったんです」とSさん。実際に完成したのは、玄関からリビング、キッチンまでが土間を介して一体となった空間で、外と室内がスムーズにつながり、多目的に使える空間が暮らしに彩りを添えている。薪ストーブや愛犬用スペースとしてはもちろん、セカンドリビングとして活用するなど使い方は無限大だ。吹き抜けの開放的なリビングや、梁や柱をあらわす「真壁」を取り入れた和モダンなつくりも、心安らぐ住み心地の良さを決定づけている。
 「石田建設の担当者さんは丁寧に打ち合わせを重ねてくださり、自分たちが言葉にできなかったイメージまで引き出してくれました。家づくり、本当に楽しかったです!」と笑顔で話してくれたSさんご夫妻。想いのつまった伸びやかな空間に、家族のかけがえのない思い出が刻まれていく。

(ナガノの家 2018年秋冬号 vol.10掲載)

太い梁がダイナミックに走る吹き抜けのリビングは開放感たっぷり。1階と2階の一体感が生まれ、自然と家族の会話も生まれる。梁や柱を壁面から見せる「真壁」を取り入れ、漆喰の塗り壁と無垢の木の風合いが和やかな雰囲気を醸し出す

詳細データ

  • 竣工年月/ 2018年 3月
  • 所在地/宮田村
  • エリア/上伊那
  • 階数/2階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 130.02㎡ ( 39.33坪 )
  • 1F/ 79.50㎡ ( 24.05坪 )
  • 2F/ 50.52㎡ ( 15.28坪 )

平面図

長野県の住宅工務店