M-STYLE HOUSE (長野市)

☎0120-268-886

長野市 / M邸 / 夫婦2人+子ども1人

三面道路の視線も気にならない 庭と吹き抜けが中心の住まい

 「いい意味で家らしくない、モダンなデザインが気に入って」とM-STYLE HOUSE(エムスタイルハウス)に設計を依頼したMさん夫妻。駅から徒歩圏内という条件で探し当てた敷地は三方を道路に囲まれ、特に南側は交通量が多い生活道路に面する立地。南側全面に開口を作れば室内は明るくなるが、LDKが丸見えになってしまう。そこで設計士の酒井良子さんが提案したのは、あえて南側の大部分を壁で閉じ、南西角にプライベートガーデンを作るプラン。住まいの中心は、庭に面した伸びやかな吹き抜けのダイニングだ。二層の開口からの光が上下階に行き渡り、明るく開放的ながら外の視線を気にせずくつろげる。「SE構法なら高い耐震性を保ちつつ、鉄骨造並みの大空間や大開口を実現できるんです」と酒井さん。
 リビングとダイニングをワンルームにせず緩やかに分けた間取りは、「食卓の近くにテレビがあると家族の会話が減りそうで。しつけの意味でも分けたいと思いました」と奥さま。普段はダイニングで、くつろぎや子どもと遊ぶ時はリビングに移動してと気分が切り替わる上、「開放感を求めたダイニングとは対象的に、天井が低いリビングは落ち着いた印象」とご主人も頷く。豊富なキッチン収納や趣味のスポーツウェアもすっきり収納できる広いWIC、入浴後すぐ手が届く位置に下着や子どもの着替えを収納するなど、ご夫妻の希望を踏まえたスムーズな動線や収納も酒井さんと密に相談して実現。便利さと快適さを兼ね備えた住まいとなった。
(ナガノの家 Vol.12 2019年秋・冬号掲載掲載)

開放的な吹き抜けのダイニングが住まいの中心。木造ながら徹底した構造計算を行うSE構法では、柱や壁が少なく、かつ耐震性の高い空間を実現できる。キャンティレバー構造の軽やかな階段は、「スケルトン階段は不安、でも箱型階段では重すぎる」との夫妻の希望から実現。オーク無垢材フローリングにレッドシダー貼りの天井など木の色と白をベースにしながら、スチールの手すりや家具など黒をポイントに使って引き締めている

詳細データ

  • 竣工年月/ 2019年 3月
  • 所在地/長野市
  • エリア/長野
  • 階数/1階
  • 工法/木造軸組工法
  • 延床面積/ 113.75㎡ ( 34.40坪 )
  • 1F/ 69.15㎡ ( 20.91坪 )
  • 2F/ 44.60㎡ ( 13.49坪 )

平面図

特徴

  • デザイナーズハウス
  • 長期優良住宅
  • 省エネ・エコ
  • 吹き抜けあり

企業情報

長野県の住宅工務店